芸能さど DEEP ARCHIVE

天王まつりの鬼太鼓てんのうまつり

開催日

6月12,13日

開催地

潟上集落 牛尾神社、吾潟集落

→アクセス

天王まつりは、加茂湖の南側、新穂潟上の丘陵地の森にある牛尾神社の祭礼で、毎年、6月12日に前夜祭、13日に本祭が行われます。
氏子は新穂潟上と吾潟の2つの集落で、祭り当日は、それぞれの集落から鬼太鼓が出て各家を門付けします。
この集落の鬼太鼓は、江戸時代に能太夫が鬼舞に能の動きを取り入れた振り付けをして牛尾神社に奉納したと伝えられています。
その舞には、随所で能の摺り足の所作が見られ現在、佐渡のおよそ120ケ所で行われている鬼太鼓の、およそ6割が、この集落の鬼太鼓の舞方を取り入れたもので、いわゆる潟上型の始まりとされています。

また、太鼓は、新穂潟上集落の関口六助が江戸時代に信濃や祇園で習ってきたものを、代々研鑽してきたものと言われています。
祭り当日は、2組の鬼太鼓が神社にあつまり舞を奉納したあと、神輿を先導して御旅所などをまわります。
また、吾潟集落の鬼太鼓には、鬼面を寄贈した家(北見家)を代々、面宿と呼び、休憩の際に、鬼面をこの家の床の間に置く習慣が残っています。

アクセス

住所

〒952-0103 新潟県佐渡市新穂潟上2532

地図情報をLINEに送る

バス

南線 「天王下」下車 徒歩10分
南線:時刻表

両津港から車で約10分
5台 38.0419021,
138.4402751

さど芸能の動画

TOP