芸能さど DEEP ARCHIVE

相川まつりの御太鼓あいかわまつりのたいこ

開催日

10月18,19日

開催地

相川鹿伏(かぶせ) 善知鳥神社

→アクセス

江戸時代から昭和にかけて佐渡金銀山で栄えた佐渡市相川地区。
10月19日は、善知鳥七郷と呼ばれる旧相川町の7つの集落の総鎮守、善知鳥(うとう)神社の例祭で相川祭りとも呼ばれています。
この祭りに登場するのが、大工町の太鼓組の鬼太鼓。
前日18日の宵宮は、大工町から京町を門付けしてまわります。
太鼓組は裏太鼓、豆まきの翁、長刀、棒、七つ役、提灯で構成されています。
烏帽子をかぶった豆まきの翁は、升と柿を持って踊り、その所作や回数で三度まき、五度まき、七度まきと呼ばれる舞があります。

家々の門付けや神社の拝殿では三度まき、神輿の前や御旅所では五度まきを踊ります。また、七度まきは善知鳥神社から神輿出発の儀式である注連縄切りの時にだけ行われます。

太鼓は裏と表をたたき、表の太鼓をたたくのが七つ役と呼ばれる子供七人です。七つ役には、上級者の二人が「たっつき」、その下の五人が「白鳥」と呼ばれています。
門付けなどでは、七つ役以外の子供たちも叩きますが、神社や御旅所など重要な場所では七つ役のみで行います。

表の太鼓役は、翁の舞の動きを見ながら威勢の良い掛け声をかけ、それをきっかけに裏太鼓のリズムも変わります。
また提灯役は、太鼓より先回りし門付けする家の前で提灯を持って待ちます。

19日の本祭りでは、善知鳥神社に舞を奉納したあと長刀が鳥居に張られた注連縄を勢いよく切り、町内を門付けしてまわります。

アクセス

住所

〒952-1583 新潟県佐渡市相川鹿伏

地図情報をLINEに送る

バス

本線 「相川下戸」下車 徒歩10分
本線:時刻表

両津港から車で約40分
38.0243097,
138.2341708

さど芸能の動画

TOP