芸能さど DEEP ARCHIVE

久知八幡宮例大祭の奉納芸くじはちまんぐうれいたいさいのほうのうげい

開催日

9/15に近い日曜

開催地

下久知集落、久知八幡宮、野崎集落、城腰集落

→アクセス

久知八幡宮例大祭の奉納芸久知八幡宮例大祭では、神前行事のほか、御輿渡御や流鏑馬等が行われます。

これに加え城腰集落からは花笠踊(県指定無形民俗文化財)、野崎集落から刀刀、下久知集落から鬼太鼓が神社に奉納されるなど、中世の祭礼神事の名残を留めています。

久知八幡宮例大祭の奉納芸その中の花笠踊は、天文年間(1500年代)より伝承されている芸能で、久知六代の地頭「本間下総介時泰」の命により京都や奈良方面で舞修行を積んだ城腰集落の「春日武左エ門」が
完成させ神社に奉納したのが始まりといわれています。

久知八幡宮例大祭の奉納芸踊りは、風流踊りのひとつで、農事を祝う四部の田楽踊りで構成されています。境内(または社殿内)にしつらえた八角形の埒(らち)の内で、中央に座る太鼓や笛、地謡などの囃子にあわせて、その周囲を花傘をかぶった振り袖早乙女姿の子供たちが輪踊りします。
田植えを祝う「御田踊」、豊作を祝う「神事踊」、収穫を祝う「千代踊」「金田踊」からなる踊りの合間に鬼舞、獅子踊り、問答などが加わります。
各集落からの芸能が神社に奉納されるのは、その昔、新田開発した田んぼが水不足になった際に、この神社に雨乞いをしたら神社の境内から湧き水が出て水枯れを救った、その御礼だと言われています。主な構成員は、東西坊、中音頭、金、中太鼓、裏太鼓、笛、三匹獅子、鬼、ししぼう、だんな、花笠。

久知八幡宮例大祭の奉納芸〈獅子踊り〉
  3匹獅子の舞

久知八幡宮例大祭の奉納芸〈鬼舞〉
 花笠踊の中で舞われるもので、一般的な鬼太鼓の様な激しい動きは無い。鬼は、中腰姿勢で担いだ太鼓と共に八角形の埒の中をゆっくりと舞う。

久知八幡宮例大祭の奉納芸〈刀刀〉
  野崎集落に伝わる武芸で祭りの露払いとして最初に奉納される。小学生低学年8人で構成される「刀刀の部」と小学生高学年と中学生8人で構成される「長刀の部」があり、
  刀と刀、長刀と長刀、刀と長刀、棒と棒などの組み合わせがあり、男子が「トウ、トウ」と声を発しながら互いに呼吸を合わせ行う妙技が見どころ。

久知八幡宮例大祭の奉納芸〈御輿渡御〉
 3集落からの神輿が練り歩く。

久知八幡宮例大祭の奉納芸〈鬼太鼓〉
  下久知集落の鬼太鼓が神社に舞を奉納する他、集落内を門付けしてまわる。能の要素を取り入れた阿吽一対の鬼の舞で、神社での奉納のあと、太鼓を持った青年が神社前の道を走る
  「あばれ太鼓」も見どころ。この鬼太鼓は、大正10年に両津地区の真木集落から習ったと伝えられており、昭和35年以降、人手不足で一時中断したが昭和43年に鬼太鼓保存会を結成
  して復活した。

みどころ

3つの集落に伝わる芸能が、祭り当日の午後から刀刀、花笠踊り、鬼太鼓の順で神社に奉納される。室町時代に集落の人が神社に芸能を奉納するために京都や奈良などで芸を習ってきたと言われている。芸能の奉納のあと、神輿渡御、流鏑馬が行われる。

アクセス

住所

〒952-3424 新潟県佐渡市下久知780

地図情報をLINEに送る

バス

東海岸線 「河崎学校前」下車 徒歩15分
東海岸線:時刻表

両津港から車で約両津港から車で9分

さど芸能の動画

TOP