芸能さど DEEP ARCHIVE

多田・黒根まつりおおだ・くろねまつり

開催日

体育の日前の日曜

開催地

多田集落 諏訪神社、黒根集落 小田原神社

→アクセス

佐渡市の南東、海岸沿いの多田集落と隣の黒根集落の神社の例祭は、近年10月の体育の日の前日の日曜日に行われています。
それぞれの集落には、鬼太鼓と大獅子の芸能が伝えられていて、鬼太鼓には、進行役のロウソ、青鬼、赤鬼、そして鬼面をつけずに踊るが助打ちがいて、太鼓と笛のリズムに合わせて、二匹が対で踊ります。
ここでは鬼が踊ることを「打つ」と言っています。太鼓の前で、片足で跳ねるように打つのが特徴で、多田集落の鬼は片足で2回、黒根集落は4回跳びます。
ロウソは祭りの仕切り役で、門付けでのご祝儀の披露や口上を述べ、次に打つ鬼を指名します。
また、腰には「大将」と呼ばれる男根を模した木の棒をぶら下げ、時には鬼打ちにからんで遣います。
一方、大獅子は、中に7人くらいの人が入って玄関口で木遣り唄に合わせて上下に大きく獅子頭を振り、鳴らします。

この祭りの見どころは夕方に行われる「神輿のお迎え」です。多田集落の諏訪神社の神輿が多くの御供を従えて御旅所に向かう途中、本町通りで両集落の獅子と鬼太鼓がお迎えをします。
通りの中ほどには太鼓が2台並んで置かれ、神輿が差し掛かると両集落の鬼が同時に打ち始めます。この時は、どちらの太鼓を叩いても、どちらの太鼓の前で鬼を打っても、どちらの鬼と組んでも構わないという両集落入り乱れての鬼打ちとなります。
続いて両集落、二匹の大獅子が神輿に向かい木遣り唄に合わせて頭を振り鳴らします。これをそれぞれ3回くりかえします。
午後8時、祭りの締めくくりとして多田集落では、提灯山車を先頭に神輿が神社にもどる「おけいり」が行われます。
松の木に提灯をかざり太鼓をのせた提灯山車を引く若衆が、伊勢音頭と木遣り唄を唄いながらおよそ4時間かけゆっくりと神社に戻ります。なお、本祭り前日の夜は宵宮として神前で鬼太鼓の舞がが奉納されます。

みどころ

多田と黒根集落からそれぞれ鬼太鼓と大獅子が出て門付け。夕方は、神輿渡御を2集落の芸能が迎えて賑やかに舞う。

アクセス

住所

〒952-0822 新潟県佐渡市多田294

地図情報をLINEに送る

バス

東海岸線 「多田」下車
東海岸線:時刻表

両津港から車で約55分
37.909579,
138.479512

さど芸能の動画

TOP