芸能さど DEEP ARCHIVE

北川内まつりの獅子舞きたかわちまつりのししまい

開催日

4月の第2土曜

開催地

北川内集落 熊野神社

→アクセス

北川内まつりの獅子舞4月15日に行われる佐渡市北川内集落の熊野神社の例祭の前夜、宵宮に獅子舞いが奉納されます。この集落の獅子舞いは、明治の初めころに集落の人が赤泊地区から習ってきたと言われていますが、衣装や舞い方も違っています。舞いは、境内に俵とおがくずを使って作られた土俵の中で行われます。獅子は、雄獅子、中獅子、雌獅子の3匹で、脇役として「つぶろ」が加わります。獅子は白装束で、鳥の羽根や色紙の房で飾られた鹿の頭をかぶり、腰に太鼓をつけます。つぶろは面をかぶり、色紙の房で飾られたふり棒を持っています。

北川内まつりの獅子舞獅子の舞は、大きく5つに区切られていて歌い手の短歌や長唄にあわせて腰の太鼓を打ち鳴らしながら舞います。途中、雌獅子を巡っての争いがあり、負けた獅子は土俵の外に出されます。つぶろは、獅子の舞の区切りの度に登場して、笛の音に合わせて、棒を振り回しながらこっけいに舞います。

北川内まつりの獅子舞この獅子舞の前後には豆まき翁の舞が、終わりには、棒振りがあります。豆まきは本祭で門付けも行われます。かつては、大倉まつりで奉納される「箱馬」に似た芸もあったそうです。

みどころ

夜の神社で、静かに舞われる獅子舞は、風情があります。

アクセス

住所

〒952-2222 新潟県佐渡市北川内1020

地図情報をLINEに送る

バス

海府線 「北川内」下車 徒歩10分
海府線:時刻表

両津港から車で約1時間30分

さど芸能の動画

TOP