芸能さど DEEP ARCHIVE

舟下まつりの鬼太鼓ふなしもまつり

開催日

4月13日

開催地

新穂舟下集落 日吉神社

→アクセス

佐渡市新穂地区の大野川流域の新穂舟下集落の鎮守、日吉神社は、新穂地区にある4つの日吉神社のうちのひとつで、4月13日に例祭が行われています。
祭りに神社に奉納され各家を門付けするのが鬼太鼓で、鬼の舞に2匹の獅子がからむのが特徴です。

舟下の鬼太鼓は、能の要素を取り入れた舞が特徴の潟上集落の鬼太鼓に、独自の舞を加えたもので、その洗練された舞は、昭和5年に東京の日本青年館で開かれた「第五回郷土舞踏と民謡の会」において絶賛を博し、佐渡の鬼太鼓の存在が全国に知れわたるきっかけをつくりました。

鬼面は、阿吽一対で、はじめに舞うのが口を閉じた吽の黒鬼、次に口を開けた阿の白鬼が舞います。黒鬼はシカミ面、白鬼はべシミ面で能の影響を受けた面が特徴です。

鬼は裏太鼓の力強いリズムにあわせて舞い、途中、二匹の獅子がからみ、鬼に太鼓をうたせまいとします。鬼は、獅子をはらいのけ太鼓を打とうとする、その攻防がみどころです。

集落内を一日かけて門付けしたあと夕方、神社で正式な舞を奉納します。そして、二基の神輿とともに本社となる山王さん日吉神社に向かい、提灯の灯りの下、舞を奉納します。

【資料】
「島国と唄」に紹介された舟下の鬼太鼓。
佐渡には120を超える鬼太鼓がある。それぞれ集落独自の鬼太鼓を継承している。その鬼太鼓の名を全国的にしたのが舟下の鬼太鼓だろう。
大正12年佐渡を訪れた日本の音楽の権威、田辺尚雄に舟下の鬼太鼓を見せたところ妙技だと気に入られ、東京の日本青年館で開かれた「第五回郷土舞踏と民謡の会」に招かれ絶賛を博した。

アクセス

住所

〒952-0112 新潟県佐渡市新穂舟下66

地図情報をLINEに送る

バス

南線 「新穂小学校前」下車 徒歩0分
南線:時刻表

両津港から車で約15分
駐車場なし 38.0141825,
138.4001201

さど芸能の動画

TOP