芸能さど DEEP ARCHIVE

四日町まつりの鬼太鼓よっかまちのおにだいこ

動画は、平成30年度以降順次公開予定

開催日

10月20日

開催地

四日町 八幡若宮社

→アクセス

佐渡市四日町の八幡若宮社の例祭は、毎年10月20日に行われていて、午前7時頃から四日町奉賛会のメンバーが獅子と鬼太鼓で門付けに回ります。
ここの鬼太鼓は、潟上型鬼太鼓で途中、どこからともなく豆まき翁が現れ鬼に絡むのが特徴です。これは、四日町が、佐渡金銀山から採掘された金銀を小木港に運ぶ街道沿いにあったことから、祭りも相川祭りの影響を受け豆まき型が行われていたと思われます。

しかし、明治時代の中ごろ潟上型鬼太鼓の祖ともいえる関口六助に習ったことで、それまで継承してきた豆まき型から、潟上型鬼太鼓を主流に行うようになりました。

このため、門付けでは、紺色の髪の雄と赤色の髪の雌の鬼が中心となって舞い、豆まき翁は気分が乗った時にしか現れません。
四日町の豆まき翁は、面は黒の尉面で烏帽子を冠り、男根を模した木製の棒を持って、鬼の舞にからむように舞います。特に型はなく、舞手が自由奔放に舞います。(一日の門付けの中で、めったに舞いません)

獅子は2匹で、玄関口で大きく頭を打ち鳴らし邪気を払います。

アクセス

住所

〒952-0306 新潟県佐渡市四日町616

地図情報をLINEに送る

バス

小木線 「四日町」下車 徒歩8分
小木線:時刻表

両津港から車で約35分
小木港から車で約40分
37.9820304,
138.3497533

さど芸能の動画

TOP