芸能さど DEEP ARCHIVE

二宮まつりの鬼太鼓にくうまつりのおにだいこ

動画は、平成30年度以降順次公開予定

開催日

6月5日

開催地

二宮集落 二宮神社

→アクセス

二宮まつりの鬼太鼓佐渡市佐和田地区、二宮集落の鎮守、二宮(にくう)神社の例祭の6月5日には、鬼太鼓が出て、朝5時半ころから日が暮れるまで集落内のおよそ70軒の家々を門付けに回ります。
この集落の鬼太鼓は、昭和の終わりころ宮青年会の人手不足で、平成にかけて5年ほど休止となりましたが、祭りに鬼太鼓が無くてはさみしいと地域活動の会を新たに作って復活させました。

二宮まつりの鬼太鼓この集落の鬼太鼓は、潟上型と言われる能の所作を鬼の舞に取り入れたもので、新穂舟下集落の鬼太鼓を参考にアレンジしたもので青鬼と赤鬼が舞います。
鬼が腰を低く落とし手に持ったバチを細かく揺らすところや太鼓に大きくぶつかるシーンは迫力があります。
太鼓の裏打ちは、金井新保集落から伝わったものとされていて軽快な打ち方になっています。

二宮まつりの鬼太鼓鬼面は、二宮神社を建てた宮大工の間島氏の作と言われていますが、老朽化のため平成の終わりころに鬼面と獅子頭は新調されました。
鬼が持つバチは、鬼面の色と合わせるように色が塗られています。
獅子は二体あり、かつては鬼の舞にからんでいましたが、人手不足のため現在は行われていません。

みどころ

舞の途中で鬼が、太鼓を強く押し、太鼓が揺らぐシーンがあります。太鼓持ちや裏打ちは、それを押し戻せるか

アクセス

住所

〒952-1308 新潟県佐渡市二宮232-2

地図情報をLINEに送る

バス

赤泊線 「東大通」下車 徒歩25分
赤泊線:時刻表

両津港から車で約30分
小木港から車で約45分

さど芸能の動画

TOP