芸能さど DEEP ARCHIVE

岩首まつりの鬼太鼓いわくびまつりのおにだいこ

開催日

敬老の日の前の日曜

開催地

岩首集落 熊野神社

→アクセス

岩首まつりの鬼太鼓両津地区の南東、岩首集落にある熊野神社の例大祭では、岩首余興部による鬼太鼓と大獅子が集落内を一日かけて門付けしてまわります。鬼太鼓は、赤鬼と青鬼、助打ち(たすきを掛けた舞手)、太鼓、笛で構成され、踊りは2人が組になって舞う(地元では舞うことを打つと言います)「前浜型」で相川地区から伝わったと言われています。

岩首まつりの鬼太鼓人口減少による人手不足により近年は、島外に出た集落出身者が祭りの日だけ里帰りしたり、鼓童研修生とそのOBなども加わって祭りを盛り上げています。その年に誰が鬼を打つかは、祭りの15日前から始まる稽古の様子を見て、指導者から指名されます。

岩首まつりの鬼太鼓太鼓のリズムは、しゃぎり、もみだし、その組合わせの3つがあり、だれが舞うかやその場の雰囲気で打ち方が変わります。笛もそれにあわせて変わります。
鬼の舞は、「ドコドンチンドン」と言って静かに緩やかに舞うものと、「ドンコスケドンコスケドコドコドン」と言って早いテンポで舞うものがあります。
いずれも2人が向かい合って、腰を落として舞います。舞っている時は、まわりから「ソラヤレ、ソラヤレ、ソラヤレ、ソレ」の掛け声が掛けられ場を盛り上げます。

岩首まつりの鬼太鼓門付けでは、祭りに呼ばれた親戚や知人が各家で鬼太鼓を迎えます。このためお花(ご祝儀)がいくつも出るため、鬼の舞、助打ちの舞など組み合わせを変えながら、一軒で、いくつも舞います。

岩首まつりの鬼太鼓祭りには、大人7が入った大獅子が、鬼太鼓より前に家々を回って厄払いをしますが、その先導役が、鼻切り面に赤い頭巾をかぶり幣束を持ったロウソ。ロウソはこの祭りの芸の中では一番位が高い存在で、時々、鬼太鼓でも助打ちとして舞を披露します。家々の門付けが終わると、祭りを惜しむかのように、大獅子が木遣り歌にあわせゆっくりと神社前の坂道を登っていく「ねりあげ」が行われます。

みどころ

二匹の鬼が組になって、交差しながら舞う「前浜型」の鬼太鼓で、鬼以外に鮮やかな衣装にたすき掛けの助打ちも舞に加わって一軒の家で、何度も舞うのが特徴。門付けを終えて夜に神社の前の坂道を、大獅子が、ゆっくりと神社に帰る「練り上げ」もみどころ。

アクセス

住所

〒952-0857 新潟県佐渡市岩首119

地図情報をLINEに送る

バス

東海岸線 「岩首」下車
東海岸線:時刻表

両津港から車で約50分

さど芸能の動画

TOP