芸能さど DEEP ARCHIVE

赤泊・新谷の小獅子舞あかどまり・しんやのこじしまい

開催日

4月18日

開催地

赤泊集落 八幡若宮社

→アクセス

赤泊・新谷の小獅子舞佐渡市赤泊の町から3キロほど山の方へ登ったところにある新谷集落に小獅子舞が伝わっていて、赤泊集落にある八幡若宮社の例祭(4月18日)に舞が奉納されます。この舞は、鹿の頭をかぶり、腹に下げた太鼓を打ちながら3匹の小獅子が舞うもので、霧にまぎれた雌獅子を探すという内容でその昔、赤泊大屋の仁科利左衛門が京都の祇園祭りを見てきて伝えたものと言われています。獅子舞は、雄獅子、中獅子(小獅子)、後獅子(雌獅子)、太刀、笛、歌い手で構成され、神社の境内で舞う「宮踊り」と門付けで舞う「町踊り」があります。3匹の獅子を見分けるのは頭で、雄獅子は、剣、中獅子は、何もつけず、後獅子は剣をつけています。獅子と格闘する太刀遣いは、紋付き・袴姿で、刀を持って獅子に切りかかります。(諸岡一波流)

アクセス

住所

〒952-0711 新潟県佐渡市赤泊85

地図情報をLINEに送る

バス

赤泊線 「赤泊中町」下車 徒歩3分
赤泊線:時刻表

小木港から車で約15

さど芸能一覧

TOP